練習14

Grenzen Sie die unterstrichen Satzteile der folgenden Sätze mit Hilfe der Formen „しか“ und „だけ“ ein.

  私はビールを飲みます。
  私はビールだけ飲みます。
  私はビールしか飲みません。
  1. コーヒーを頼みました。
  2. 先輩は一年生に説明しました。
  3. ガソリンスタンドは隣の町にあります。
  4. 私の家ではが日本に興味があります。
  5. あの子はお菓子をほしがります。
  6. 小島さんはイギリスに住みたいと思っています。
  7. 私の兄はお金をかせぐことを考えていましたが、今は休暇のことを考えます。
  8. 私の猫が死んだとき、泣きました
  9. あの映画は有名で、面白くないです。
  10. 大学のコピーの機械が不便だと思うのは、学生ではありません。
  11. ミヒャエル君は毎日5本もビールを飲みますが、昨日は1本でした。
  12. 山本さんはスポーツはみんな上手ですが、スノーボードは得意じゃありません。
  13. 私は何でも食べることができますが、生の肉は食べることができません。
  14. 母は中国語は話すことができます。中国の字を読むことはできません。
  15. 彼は家も車も買ってし、いい仕事も見つけました。これから、しなければならないことは、彼女をさがすことです。

Neuester Inhalt

来生愛、管理官
来生愛、管理官
来生愛、管理官
来生愛、管理官
来生愛、管理官

Neueste Kommentare