Übung 5

Bilden Sie sinnvolle Sätze mit Hilfe der angegebenen Adverbien:

Beispiel:  私  =  トーマス  (意見)  ≪ほとんど≫
 →私とトーマスは意見がほとんど同じです。


1. 今年の教科書  ≠   去年の教科書 ≪少し≫
2. ドイツでは男性のことば  =   女性のことば ≪ほとんど≫
3. 夕べのテレビのニュース  ≠   今日の新聞のニュース ≪だいぶ≫
4. 先生  ≠   (意見) ≪全く≫
5. この小説  =   あの映画 (話:hier: Story) ≪だいたい≫
6. ドイツ語  =   英語 (字) ≪ほとんど≫
7. デュースブルク  =   エッセン (人口) ≪だいたい≫
8. このかばん  ≠   あのかばん (形) ≪ちょっと≫
9. 高いくつ  ≠   安いくつ (材料) ≪ぜんぜん≫
10. 私のぼうし  =   山田さんの手ぶくろ (色) ≪全く≫
11. 日本製の車  ≠   ドイツ製の車 (値段) ≪だいぶ≫
12. 妹 ≠ 姉  ≠   (声) ≪ぜんぜん≫



Lösungsvorschlag:

Kommentare

1.今年の教科書は去年の教科書と少し違います。
2.ドイツでは男性の言葉は女性の言葉とほとんど同じです。
3.夕べのテレビのニュースは今日の新聞のニュースとだいぶ違います。
4.先生と私は意見が全く違います。
5.この小説とあの映画は話がだんたい同じです。
6.ドイツ語と英語は字がほとんど同じです。
7.デュースブルクとエッセンは人口が大体同じです。
8.このかばんとあのかばんは形がちょっと違います。
9.高い靴と安い靴は材料が全然違います。
10.私の帽子と山田さんの帽子は色が全然違います。
11.日本製の車とドイツ製の車は値段がだいぶ違います。
12.妹と姉と母は声が全然違います。