テキスト

日本料理

 日本料理は最近、外国でも人気がある。カロリーがあまり高くないこの国の料理は、ダイエットしている人に良い。もちろん、日本料理の味が好きで、ファンになった人も大勢いる。どちらにせよ、日本料理のファンが増えるのは、うれしいことだ。
 日本料理に一番大事な物は、だしと新鮮な材料である。だしは、北の海でとることができるこんぶ[i]と、魚から作るかつおぶし[ii]で作ったスープで、これが味の「良い・悪い」を決める。本当に良いだしを作るのは大変難しい。それから、材料の持つ味を大切にして、香辛料はあまり使わないのも特徴である。もちろん日本には、日本料理の他に香辛料をたくさん使った外国の料理もある。
 また、盛り付けて季節を表すことも日本料理の特徴である。例えば、春には春を表す木の芽[iii]を飾る。また、秋に赤や黄色になった葉を飾ることで、秋を表す。持に懐石料理[iv]は美しくて、一度食べて忘れることができなくなった人もいる。つまり、日本料理は、舌と目で食べる物である。

広:   マイヤーさんは日本料理が好きですよね。ドイツでもたべたことがありますか。
マイヤー:   はい、あります。デュッセルドルフには日本料理のレストランがたくさんあって、そこで食べることができます。でも、外国にある日本レストランはとても高いです。だから、めったに行くことができません。
広:   そうですか。何を持においしかったですか。
マイヤー:   天ぷら[v]ですね。でも、お刺身[vi]はまだ食べることができませんでした。ドイツでは生の魚を食べることはほとんどないです。だから、少し気持ち悪かったです。もちろん今はお刺身が大好きです。一週間お刺身を食べないことはありません。
広:   ドイツでは家で日本料理を食べることはありませんよね。
マイヤー:   ありません。日本料理を作ることができる人は、あまりいません。
広:   実は私もできません。私はほとんど料理をしたことがありません。3回ぐらいですよ。
マイヤー:   私は日本料理が好きです。だから、半年料理学校に行ったことがある友子さんに習うことにしました。広さんもいっしょに習いませんか。
広:   そうですねぇ…。(考えている)私も習うことにしましょう。いつですか。
マイヤー:   4月24日の日曜日です。
広:   24日ですか。うーん。24日はちょっと。
マイヤー:   じゃあ、5月1日の日曜日はどうですか。
広:   いいですね。私はその日は暇です。
マイヤー:   それでは、友子さんに電話しましょう。
 
マイヤー:   もちもし、友子さん、マイヤーです。
友子:   あ、マイヤーさん、ほんばんは。
マイヤー:   こんばんは。ええと、日本料理を教わるのは、4月24日ですよね。実は広さんもいっしょに行くことになりましたが、いいですか。
友子:   もちろんですよ。うれしいです。
マイヤー:   よかった。でも、広さんは24日は都合が悪いです。5月1日に変えることができますか。
友子:   いいですよ。実は、私も24日は都合が悪くなりました。24日にアメリカに住んでいるおじとおばか来て、一週間家にいることになりました。だから、私も1日の方がいいです。
マイヤー:   そうですか。じゃあ、1日にしましょう。広さんには、私が電話します。
友子:   お願いします。じゃあ、また。


i   こんぶ   (getrockneter) Seetang
ii   かつおぶし   getrockneter Bonitofisch
iii   木の芽   junge Triebe
iv   懐石料理   mehrgängiges, vornehmes Menüs
v   天ぷら   frittierte(s) Gemüse und Meerestiere
vi   (お)刺身   roher Fisch und Muscheln



「日本料理」についての質問

  1. 日本料理はどんな人にいいですか。
  2. 日本料理に一番大事なものは何ですか。それは何ですか。
  3. 日本料理の特徴を3つ書いてください。
  4. 「日本料理は、舌と目で食べる」はどんな意味ですか。
  5. マイヤーさんはどんな日本料理を食べたことがありますか。
  6. 広さんと友子さんは日本料理を作ることができますか。
  7. マイヤーさんは5月1日に何をしますか。だれとしますか。
  8. 4月24日の広さんの都合はどうですか。
  9. 友子さんには4月24日と5月1日とどちらの方が都合がいいですか。
  10. どうして(Warum?)ですか。



「ドイツ料理」というテーマで作文を書いてください。

Neueste Kommentare