第7課 Leseübung

Leseübung:

 マイヤーさんは背が高いです。日本人はとても背が低いです。だから、マイヤーさんは日本では特に大きいです。マイヤーさんは近い町の小さなお店に行きました。しかし、必要だったズボンは買いませんでした。そこではズボンはとても短かったです。
 
「もっと長いズボンは。」
 
マイヤーさんは聞きましたが、だめでした。日本人は足が短いです。
 
 マイヤーさんは髪が茶色いです。そして目が青いです。日本人は目も髪も黒いです。だから、ときどき子供が電車や町でマイヤーさんを見ます。マイヤーさんはそれが少しいや[i]です。でも、子供はかわいいです。

 昨日は日曜日でした。マイヤーさんは朝早く起きました。とても寒かったです。ドイツは冬が大変寒いですが、日本もなかなか寒いです。マイヤーさんはストーブを熱くしました。でも、部屋はなかなかあたたかくなりませんでした。ストーブはぜんぜんよくないです。不便です。
 マイヤーさんはいつもはあまり朝ご飯を食べませんが、昨日はたくさん食べました。だから元気になりました。それからマイヤーさんはでかけました。

 マイヤーさんは上野[ii]に行きました。上野は動物園が有名です。友子さんと広さんも来ました。広さんは少し遅く来ました。
 
「すみません。遅くなりました。朝ちょっと遅く起きました。そして、なかなかバスが来ませんでした......」
広さんはいつも大変にぎやかに話します。そしてたくさん話します。ときどきうるさいですが、おもしろいです。友子さんはそんなに話しません。
 私たち3人は動物園には行きませんでした。上野でいろいろなお店を見ました。そして大きなデパートでマイヤーさんはズボンを見ました。でも、ズボンはここでも短かったです。
 
マイヤーさん: もっと長いズボンは。
広子さん:   これとこれとこれが長いです。
マイヤーさん: どれが一番長いですか。
友子さん:   これが一番長いです。
マイヤーさん: これですか。ああ、悪くないですね。じゃあ、
        これを買います。少し高いですが。

 マイヤーさんは黒いズボンを買いました。大きなデパートはいいです。長いズボンもありました。
 それから「アメ横[iii]」でいろいろな物を安く買いました。
 昨日は本当に楽しかつたです。

[i] いやだ unangenehm
[ii] 上野 Ueno, Ortsname in Tokyo
[iii] アメ横 Abk. von アメリカ横丁 Stadtvirtel in Ueno

Übersetzung:
Kommt noch